写真・カメラ

ミラーレス一眼の勧め

SONYがフルサイズCMOSセンサー(現在主流のイメージセンサーのことです)を搭載したα7を発売したのが2013年。

今でははや5年経ちますが、これまでニコンとキャノンは、フルサイズCMOSセンサーについては一眼レフでしか採用せず、ミラーレスには力を入れてきませんでした。

 もちろん、今まで開発した一眼レフとの棲み分けをはっきりするため…と言われていたがこの夏、8月23日はニコンがZ6・Z7を、9月5日にはキャノンがEOS Rを発表。

あんなにミラーレス開発を渋っていた二大カメラメーカーがわずか2週間足らずの間に相次いでフルサイズミラーレスを発売したのだ!

いったいカメラ業界に何が起きたのか?

各会社が発売したカメラの性能も気になるが、今回はミラーレス一眼がなぜよいのか?

そして、なぜ二大カメラメーカーがミラーレスに踏み切ったのか?

私自身も今年メインカメラをNikonからSonyのミラーレス一眼(α7Ⅲ)に変えたので、そんなことを考えてみたい。

 なぜミラーレスなのか?

  まずカメラと言うのは大きく2グループに分かれていて、もちろんミラーレスなカメラとミラーのあるカメラです。

 ミラーのあるカメラは、ファインダーから直接、撮影ものを見ることができる(ミラーレスカメラは電子ビューファインダーで画面を見ることになります。)ので、動きのある社会でもタイムラグなく、克明にとらえることができます。特にスポーツやレースなどの影響では、決定的な瞬間をとらえる必要があるので、ミラーでは無理だとされていました。つまり、プロの間では一眼レフカメラしか使用するのは無理だという、結論になっていたのです。

しかし、EVF性能(電子ビューファインダー)が上がり、肉眼でも見る非常に克明に捉えられ、タイムラグもなくなってきたのです。

 それならミラーレスのほうがいい。だって小型化できるし、カメラ内部をより単純化できます。部分を拡大したり、明るくしたり機械的な補助も可能になります。

小型化・軽量化というだけで、カメラマンにとってはかなり魅力的なのに、性能も一緒・はたまた一眼レフ以上となったら、ミラーレスが勝つのは必定ですね。

 確かに今までミラーレスカメラというのは、後発メーカーがビッグ2との対抗製品・違う手として戦うために開発していた商品のイメージです。オリンパスやパナソニックがいち早くミラーレス一眼を開発し、マイクロフォーサーズに力を入れていたのがまだ記憶に新しい。

もちろんその時は、一眼レフと戦うほど性能もよくできなかったため、コンパクトさを売りにして、よりきれいな写真を撮りたい女性をターゲットにしていました。

「カメラ女子」なんて言葉もその時に流行った言葉で、一度は聞いたことあるのではないでしょうか!気軽に写真が撮れる小型軽量のミラーレスは、写真好きの女子を中心に瞬く間に広がっていきます。

このようなイメージがまだ根強いため、なかなかプロの間でもミラーレスにメイン機を変えるのは難しいのではないでしょうか。(まして、メイン機を変えるとなると、レンズも考えるとかなりの値段になってしまいます…)

 Sonyα7α7Rが流れを変えた。

 私はこのカメラに心を打たれてメイン機を変えてしまったほどなので、多少主観的な意見になってしまうかもしれませんが…(笑)。簡単に言えば、この二つのカメラは、一眼レフと同じ感覚で撮れるようになってしまったのです!

 しかも、一眼レフに比べると、断然小さいし、軽い、画素数などの性能も良い!

市場でもSonyは5年先行し、商品性を高めた…なんて言われているほどです。

 つまり、このカメラを機に、カメラ業界はミラーレスカメラに軸足が移るのではないか。携帯がガラケーからスマホに変わったように、カメラも一眼レフからミラーレス一眼に変わっていくのではないか。

そんな流れすら、感じてやみません。

 今夏、NikonCannonのミラーレス一眼の参入

 そして、とうとう2大カメラメーカーも重い腰をあげてしましました。

普通に考えれば、一眼レフカメラをプロ・アマ問わずメインで売っているのに、すごい性能のミラーレス一眼を発売するなんて、お客さんが混乱してしまいますよね。

「えっ、僕らNikonの一眼レフが好きなのに、そっちにシフトしちゃうの…」

そんな不安の声も出てくるかもしれません。

 そんなお客さんを無視せざるをえなくなるほど、ミラーレス一眼の期待値・流れが大きくなったのでしょう。NikonはZ6・Z7を、CannonはEOS Rを発売しました。

各性能などは後日紹介するとして(どちらも個性的ですばらしい性能でした!)、この発売が意味していることは明らかなのではないでしょうか。

 そう、『時代はミラーレス一眼に移行する』ということなのです。

なぜ私がミラーレス一眼をおススメするのか?
その問いの答えもこれになります。

今、性能のいいカメラが欲しいと悩んでいる人たちはとても多いと思います。
頑張ってNikonのD850にしようとか、Cannonの中古のフルサイズ一眼レフにしようとか…。

そんな人たちに一言いいたいのです!
「ちょっと待って、一眼レフよりミラーレス一眼の方がおススメよ」って(笑)。

もちろん、一眼レフが劣っているなんてことはありません。

ただ、メイン機を選ぶということは、これからレンズや他の機材もそのメイン機に合わせたものにしなければいけません。

(メイン機を買った次は、いろいろなレンズが欲しくなります…(笑))

それなら、今後主流になる方にしといた方が、各メーカーもいろんな商品を開発してくれるので、そっちにしといた方が得じゃない? こうおススメしたいのです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です